killerdating com - Datagridview rowvalidating cancel

Formatted Value に入っている値をチェックするロジックを入れる。 不正な値の時は「Cancel Edit()」メソッドを実行すると、変更前の値に戻る。 あと「e. Cancel = True」も必要(理由は後述) 「1」を入力した時に自動で「001」に補完したい時は、Data Grid View の Cell Parsing をハンドルする。 「e. Parsing Applied = True」する。 Enterキーを押下したり、Data Grid View の別のセルに移動したら編集は確定されるのだが、 そうではなく、同じフォームの「メニュー」項目をクリックしたり、 クローズボタンを押した場合は確定されず、編集中状態のまま、イベントが開始されてしまう。 こういう場合、編集中状態を解除するには 2種類方法があって、 (Data Grid View). Validate のいずれかを呼ぶ。 前者を呼ぶと編集は強制確定されるのだが、Cell Validating とか呼ばれないので、 おかしな値がそのまま入ってしまうこともある。よってお勧めしない。 後者の場合、フォーム中のコントロール全て(つまり Data Grid View含む)に対して登録操作が試みられる上に、 ちゃんと Data Grid View では Cell Validating が呼ばれるので、不正な値もちゃんとはじいてもらえる。 で、ここで値をはじいた場合、新に行おうとした操作もキャンセルすべきだろう (編集前の不本意な値で操作を続行されると不都合な結果になる)。 ここで生きているのが、先程の「Cell Validating での e.

Instead, you can use the on Cell Prepared option to handle the event.

Among the fields of this object, you can find data relating to the prepared cell.

For further information about row indexes, see the Column and Row Indexes topic.

Instead, you can use the on Cell Click option to handle the event.

When implementing a handling function for this event, use the object passed to this function as its parameter.

Among the fields of this object, you can find data relating to the clicked cell.Validation is done through the following events: The event handler of the Current Cell Validating Event receives two arguments namely sender that handles Sf Data Grid and Current Cell Validating Event Args as objects.Current Cell Validating Event Args object contains the following properties: When Is Valid property is set to ‘false’, the editor of the current cell does not shift to focus.Among the fields of this object, you can find data relating to the cell whose hover state has been changed.For example, to identify whether a cell has been hovered over or hovered out, check the value of the event Type field.Sf Data Grid provides a convenient way to validate data and indicate the errors along with its information.

Tags: , ,